柴田動物病院

0776-52-1122

診療時間:9:00〜12:00 / 16:00〜19:00
(12:00〜16:00は手術のため外来診察は行っておりません)
定休日:木曜午後・日曜・祝日

病院概要

Clinic

ヒトとどうぶつが
幸せに暮らせる
社会の実現に向けて

どうぶつ医療は高度化していますが、技術や設備だけでは病気や怪我を治すことはできません。
飼い主様と一緒になってどうぶつを元気づける心の絆が大切だと私たちは考えます。
ヒトの心とどうぶつの心がわかる専門家として、私たちはどうぶつ医療に取り組んでいます。

院長よりご挨拶

院長写真

院長写真 ストレスの多い現代社会において家族とともに暮らすどうぶつたちは、人々の心を癒してくれる大切な存在として広く社会に認められています。伴侶どうぶつ(ペット)の医療の現場を預かるどうぶつ病院の環境もここ近年で大きく変化。なかでも医療技術の発展はめざましく、人間の医療とほぼ同等のサービスを受けられる環境へと変わりつつあります。

しかし、どうぶつ医療の本質は変わりません。どうぶつが「この家族と共に暮らせて良かった」と感じ、飼い主さんが「このどうぶつのお世話ができて良かった」と思える。家族とどうぶつの双方が満足のいく結果が得られることこそが伴侶どうぶつ医療の基本であり、「人とどうぶつとの絆を大切に」したどうぶつ医療サービスではないでしょうか。

私たち獣医師をはじめとするどうぶつ医療従事者は、どうぶつたちが人間社会に馴染みやすく、ストレスを感じないようにするため、どうぶつ医療サービスをはじめ、しつけ方・飼い方の情報提供や環境づくりに取り組んでいます。スタッフ間のコミュニケーションを図り迅速な対応にて、どうぶつにやさしく、飼い主さんに寄り添ったどうぶつ医療を提供していきます。

設備紹介

エントランス

エントランス

さくら通り側と駐車場側の2か所です。どちらもご利用いただけます。

受付

受付

病院に到着されましたらこちらへお越しください。獣医師の指名も承っております。受付表のご記入や院内掲示、お薬のお渡しを致します。

診察室

診察室

3室あり、体重計内蔵の診察台を採用しています。丁寧で分かりやすい説明を心掛けております。分からないことがありましたら遠慮なくお尋ねください。

レントゲン室

レントゲン室

レントゲン撮影と超音波検査を行います。視診・聴診・触診では判断できない病気やケガに対してはレントゲン撮影を行います。超音波診断装置も完備しており、腹部だけでなく心臓の検査まで幅広く実施しております。

手術室

手術室

麻酔器、人工呼吸器、生体モニター、電気メスや半導体レーザー治療器を完備しています。手術中は麻酔監視装置にて、心拍、不整脈の有無・呼吸、状態によっては血圧・尿量が監視されます。呼吸は人工呼吸器によって管理されます。

ICUおよび入院室

入院室

入院中は動物へのストレスを最小限にとどめることを心掛け、入院期間の短縮に努めています。食欲の有無、排便・尿の状態、体温、心拍数、呼吸など毎日の治療経過を観察し、別の疾病が判明した場合は、適宜治療をすると同時に、速やかにご連絡いたします。また、集中管理が必要な患者様はICUでお過ごしいただきます。

当院へのアクセス

ページトップへ